信用取引

信用取引をはじめよう。 信用取引のメリット 信用取引のしくみ 信用取引の注意点

信用取引のメリット

少額の自己資金で大きな金額の取引ができます。

現物取引の場合、取引には取引額と同等の資金が必要です。

信用取引の場合、取引額の約3分の1を保証金として預けるだけで取引できます。また、保有株式を保証金として使えますので、現金を用意せず取引することもできます。

現物取引の場合、自己資金100万円と現物取引100万円 同額 信用取引の場合、保証金33万円と信用取引100万円 約3分の1

株式を持っていなくても、「売り」からはじめることができます。

株価の下落局面でも利益を出すことができます。

証券会社から借りた株式を売付け、株価が下がった後に買戻すことで利益を出すことができます。

8,100円で100株の新規売建て 8,100円で100株の買返済 10,000円の利益

金利、手数料、諸経費が別途発生します。

同じ銘柄でも1日に何度でも取引ができます。

同じ銘柄であっても1日何度でも同じ保証金を使って回転売買ができ、さらに利益も即保証金として使えます(税金諸費用考慮せず)。

何度でも同じ保証金を使って回転売買ができます。

まずは、信用取引の口座開設をしましょう。

信用取引を希望される方は、Succe-s tradeの口座開設後に別途お申込みが必要です。口座開設後に取引画面よりお申し込みください。

信用口座を開設するにはいくつかの基準がございます。必ずご確認ください。

口座開設基準 口座開設の流れ