上場投資信託(ETF)

国内上場投信(ETF)

上場投資信託(ETF)は取引所に上場している投資信託です。皆さんがご存知の投資信託の一つですが、通常の投資信託にはない魅力があります。最近では、さまざまなETFが設定されており、投資家はたくさんの種類の中から投資方針に合ったETFを選択できるようになっています。

ETFって何?

上場投資信託(ETF)とは日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのテレビのニュースでもよく報道されている株価指数、商品指数等に連動するように設定された投資信託で、上場株式と同じように全国の証券会社を通じて売買をすることができます。ETFにはTOPIX(東証株価指数)や日経平均に連動するものや、電気機器指数、銀行指数など業種別の指数に連動するもの、海外の金融商品取引所に上場されている外国ETFや商品価格に連動する商品ETFなどがあります。

ETFは、特定の指数などに連動するように運用される投資信託であることから、個別銘柄を選定する必要がなく、また、複数の企業に分散投資されているため、倒産リスク等が極めて低くなっています。

ETFイメージ

ETFの特徴は?

ETFと株式、通常の投資信託の比較

  株式 ETF 通常の投資信託
購入場所 全国の証券会社にて購入可能 取扱い証券会社が限定
取引価格 市場の価格にて自分で指定可能(指値・成行可) 終値ベースの基準価額(指定不可)
価格の確認方法 一般の株式相場欄に記載 専門誌または取引会社に照会
税金 申告分離課税 株式と同様 解約時個別元本方式で課税
信託報酬 - ETFは通常の投資信託と比較して、低いといわれる
リスク 個別銘柄にかかわるリスク 複数銘柄に投資することにより、リスク分散
証券取引所に上場している
  • 通常の投資信託では、その日の基準価格での取引となりますが、ETFは、証券取引所に上場しており、取引時間内に刻々と変化する価格で売買を行うことができます。
  • 発注の際には指値・成行で注文を行うことができ、投資信託でありながら、値段を指定して売り買いの注文ができます。
  • 信用取引及び貸借取引による売買が可能です。(信用取引口座の開設が必要です)
売買・保有にかかるコスト
  • 売買手数料は国内株式売買手数料が適用されるため、低コストでの取引ができます。(弊社ネットトレードの場合)
  • 通常の投資信託に比べ、信託報酬(運用費用として運用資産から間接的に差し引かれる費用)が低く設定されており、長期投資にも適した商品といわれています。
リスク分散効果がある
  • 指数を構成する複数の会社の株式に投資する投資信託ですので、個別株投資に比べリスク分散の効果があり、企業の倒産リスク等が低いといわれています。
収益の分配
  • 分配金支払確定日に保有していれば、分配金が支払われます。(運用実績によっては、分配金は支払われない可能性もあります。)

ETFの費用

信託報酬:投資信託を運用・管理してもらうために運用資産から支払われる費用
ETFの信託報酬は通常の投資信託と比べ低く設定されているといわれており、それぞれの商品で異なります。

ETFの税金

通常の投資信託とは違い、株式と同様の取り扱いとなります。

リスクと注意事項

  • 元本および分配金等が保証されている商品ではありません。
  • 対象となる指数などの変動等による価格の下落により、購入代金を下回り、損失を被る可能性があります。
  • 外貨建ての資産で運用されるETFには、為替変動リスクやカントリーリスクがあります。
  • 市場動向の急変時等には、対象となる指数等に連動する運用が困難になる場合があります。
  • ETFの価格は市場の需給等を反映して変動しますので、売買の値段と基準価額は一致しないことがあります。また、予期した価格で売買できない可能性や売買が成立しない可能性もあります。
  • 取引所が定める上場廃止基準に該当する場合、上場廃止になることがあります。
  • ETF発行者の倒産リスクがあります。
  • 売買には手数料等がかかります。また、売却の際に譲渡益がある場合及び分配金を受取る場合には税金がかかります。
  • 様々な経済情勢等の影響を受け、価格が下落し、分配金が減少する可能性があります。
  • その他、ETFの価格は市場の需給など様々な要因によって変動する可能性があります。
  • 信用取引を行うには信用取引口座の開設及び、委託保証金の差入れが必要です。
  • 信用取引の買付けの場合、金利などの諸費用がかかります。
  • ETFが貸借銘柄でない場合、信用取引の売建を行うことができません。
  • ETFの価格変動によっては差入れた委託保証金の額以上の損失が生じるおそれがあります。
  • 弊社では、海外ETFの信用取引の取扱いはいたしません。
  • ETFの中には、リンク債やOTCデリバティブ取引に投資するものがあり、これらについては信用リスクが存在します。
    詳しくは日本取引所グループのホームページをご確認ください。
国内株取引のリスク
株価の変動、および為替の変動等(外国株式の場合)により損失が生じるおそれがあります。
国内株取引の手数料について
国内株の手数料は多岐に渡っているため、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は国内株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
株式は、クーリング・オフの対象にはなりません
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。