一目均衡表

由来
一目均衡表は、一目山人(本名、細田悟一氏)が昭和10年に都新聞紙上に「新東転換線」として発表した相場分析手法です。
時間分析および時間の経過とともに形成される波動と波動の均衡点を重視する時間論、波動論、水準論の3論が取り入れられています。
一目均衡表という呼び名は、相場は売り手と買い手の均衡の元に形成され両者の均衡が破れた方に大きく傾くことで、相場の帰趨が一目瞭然にわかることから名付けられています。
一目均衡表はトレンド追従型指標に分類されるチャートです。
概要
一目均衡表は、ローソク足と転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンという5本の補助線と、先行スパン1と先行スパン2の間の帯から構成されています。

  1. 転換線
    短期での移動的半値関係を示すもので基準線と比べることで相場の強弱を表します。
    転換線は以下の式で表します。
    転換線 = (直近を含むm本の高値 + 同m本の安値)÷2
    例) 9日間の最高値 = p、9日間の最安値 = r
         転換線 = (p + r)÷2

  2. 基準線
    中期での移動的半値関係を示すもので相場の方向性や基準を表します。
    基準線は以下の式で表します。
    基準線 = (直近を含むn本の高値 + 同n本の安値)÷2
    例) 26日間の最高値 = s、26日間の最安値 = t
         基準線 = (s + t)÷2

  3. 先行スパン1
    先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分を「抵抗帯」もしくは「クモ」と呼び、その幅は抵抗力の強弱を表します。
    先行スパンは以下の式で表され、直近を含むn本先に記入します。
    先行スパン1 = (転換線 + 基準線)÷2
    例) 転換線、基準線の平均値を26日先に表示

  4. 先行スパン2
    先行スパン2は以下の式で表され、直近を含むn本先に記入します。
    先行スパン2 = (直近を含む2n本の高値 + 同2n本の安値)÷2
    例) 当日を含む過去56日の高値と安値の平均値を26日先に表示

  5. 遅行スパン
    遅行スパンはローソク足との比較で売買のタイミングをはかるために使われます。
    直近の終値を直近を含めたn本前に記入します。


なお上記式においては通常(m,n) = (9,26)のセットが用いられます。
チャートサンプル
一目均衡表のチャートサンプルは以下のようになります。
一目均衡表
パラメータ
概要で記載された一目均衡表を構成する補助線(基準線、転換線)は、
「対等数値」(m,n)を使用することでカスタマイズできます。

対等数値に何を用いるかの目安としては、一目山人が定めた基本数値を用います。
ある日から基本数値分日数が経過した日の前後に相場の変化が起きやすいと言われている数値です。

基本数値には

9(一節)、17(二節),26(一期)
33,42、65(上記の組み合わせにより算出)

などがあります。
売りサイン・買いサイン
以下に代表的な売買サインを示します。

売りサイン
概要
転換線が基準線を下抜け(売り転換) 転換線(n-1) > 基準線(n-1)
かつ
転換線(n) < 基準線(n)
かつ
転換線(n-1) > 転換線(n)
株価が抵抗帯雲を下抜け(売り転換) (株価(n-1) > 先行スパン1(n-1) もしくは 株価(n-1) > 先行スパン2(n-1))
かつ
株価(n) < 先行スパン1(n)
かつ
株価(n) < 先行スパン2(n)
株価が抵抗帯雲を下抜き、遅行スパンが株価を下回っている(売り転換) 上記転換サイン数式
かつ
株価(n) < 株価(n-p)
p:基準線の設定本数


買いサイン
概要
転換線が基準線を上抜け(買い転換) 転換線(n-1) < 基準線(n-1)
かつ
転換線(n) > 基準線(n)
かつ
転換線(n-1) < 転換線(n)
株価が抵抗帯雲を上抜け(買い転換) (株価(n-1) < 先行スパン1(n-1) もしくは 株価(n-1) < 先行スパン2(n-1))
かつ
株価(n) > 先行スパン1(n)
かつ
株価(n) > 先行スパン2(n)
株価が抵抗帯雲を上抜き、遅行スパンが株価を上回っている(買い転換) 上記転換サイン数式
かつ
株価(n) > 株価(n-p)
p:基準線の設定本数


保ち合い相場では、ダマシが多くなるので注意が必要です。