MACD(マックディー)

由来
MACD(Moving Average Convergence and Divergence)は、1960年代にジェラルド・アペルが発案した分析手法でありその後改善が加えられ現在に至っています。
正式名称はMoving Average Convergence and Drivergenceの頭文字を集めた物で、日本語では「移動平均収束発散法」といいます。
このチャートは視覚的にわかりやすく致命的な失敗がすくないことから広く利用されています。
MACDはオシレータ系指標のチャートに分類されます。
概要
MACDは、MACDとMACDシグナルで構成されています。
このチャートは期間の異なる2本の移動平均線の差に注目しトレンドを把握しようとするものです。

  1. MACD
    MACDは2種類の移動平均の差です。
    MACDは以下の式により表します。
    MACD = m本の短期EMA - n本の長期EMA
      ※EMA(指数平滑移動平均)の詳しい説明については、ローソク足をご覧ください。

  2. MACDシグナル
    MACDシグナルはMACDの移動平均を計算したものです。
    MACDシグナルは以下の式により表します。
    MACDシグナル = MACDのp本のEMA
通常(m,n,p)=(12,26,9)のセットが用いられます。
チャートサンプル
MACDのチャートサンプルは以下のようになります。
MACD
パラメータ
売買が活発でトレンドが短期で変化する場合などには(m,n,p)=(9,17,7)のようにパラメータの期間を短縮すると有効な場合が多くなります。
売りサイン・買いサイン
以下に代表的な売買サインを示します。

売りサイン
概要
MACDがMACDシグナルを下抜け(売り転換) MACDSignal(n-1) < MACD(n-1)
かつ
MACDSignal(n) > MACD(n)
MACDが0ラインを下抜け(売り転換) MACD(n-1) > MACD(n)
かつ
MACD(n-1) > 0
かつ
MACD(n) < 0


買いサイン
概要
MACDがMACDシグナルを上抜け(買い転換) MACDSignal(n-1) > MACD(n-1)
かつ
MACDSignal(n) < MACD(n)
MACDが0ラインを上抜け(買い転換) MACD(n-1) < MACD(n)
かつ
MACD(n-1) < 0
かつ
MACD(n) > 0


価格変化の幅が少ないような相場ではダマシのシグナルが多発することや移動平均を利用しているので短期間の激しい値動きには対応できないという欠点があります。