OBV(オン・バランス・ボリューム)

由来
OBV(On Balance Volume)は、1963年にアメリカの証券アナリストであるジョセフ・グランビルが考案したテクニカル分析です。
オン・バランスとは差し引きという意味があり、ボリュームは出来高を表します。
OBVは出来高指標のチャートに分類されます。
概要
OBVは、「出来高は株価に先行する傾向がある」という考えを背景に、株価の動きと出来高を組み合わせることによって、投資のタイミングを捉えようとするものです。

・株価が値上がりした日の出来高は、買い方の出来高である
・株価が値下がりした日の出来高は、売り方の出来高である

という考え方をもとに、株価が値上がりした日の出来高を買い方の出来高とみてプラスし、値下がりした日の出来高を売り方の出来高とみてマイナスし、その差し引き累計の推移を分析します。 その推移を表す線はOBV線と呼ばれます。
OBV線は、以下の式で表します。
OBV = 過去からの値上がり出来高累計 - 過去からの値下がり出来高累計
チャートサンプル
OBVのチャートサンプルは以下のようになります。
OBV
パラメータ
設定するパラメータはありません。
売りサイン・買いサイン
明確な売買サインは存在しません。