価格帯別出来高

由来
価格帯別出来高は、出来高を期間単位ではなく価格単位に表し、価格毎にどれくらい取引されたのかを表すテクニカル分析です。
価格帯別出来高は出来高指標のチャートに分類されます。
概要
価格帯別出来高は、一定期間中のそれぞれの価格帯で売買成立したものを累積した棒グラフで構成されます。
どの価格帯で取引が多くされているかを示し、出来高の多い価格帯が「支持帯」や「抵抗帯」として働きます。
チャートサンプル
価格帯別出来高のチャートサンプルは以下のようになります。
価格帯別出来高
パラメータ
設定するパラメータはありません。
売りサイン・買いサイン
以下に代表的な売買サインを示します。

・出来高の多い価格帯よりも現在値が高い場合、買い転換
 (価格帯が「支持帯」として機能し株価が上昇しやすい)
・現在値が出来高の多い価格帯を上昇突破した場合、買い転換
・出来高の多い価格帯よりも現在値が低い場合、売り転換
 (価格帯が「抵抗帯」として機能し、株価が下落しやすい)
・現在値が出来高の多い価格帯を割り込んだ場合、売り転換