RSI

由来
RSI(Relative Strength Index)は、1978年にDMIやパラボリックを考案したウェルズ・ワイルダーが発案したテクニカル分析です。日本では相対力指数と呼ばれることもあります。
過去一定期間の変動幅における上昇分の割合をから相場の動きを判断します。
RSIはオシレータ系指標のチャートに分類されます。
概要
RSIは、0%から100%の目盛り上を上下動する線により構成されています。
また、異常値を判断するため50%の上下にラインを表示します。

  1. RSI
    RSIが100%の時はその期間終値が常に上昇していたことを示し、逆にRSIが0%の時はその期間終値が常に下落していたことを示しています。

    また平均回帰性があると言われていますが、これは50%より上下に振れた場合に50%付近に回帰するということを意味しています。
    この性質から70%から80%とRSIが上がり過ぎた場合下がることが予想でき、20%から30%とRSIが下がりすぎた場合上がることが判断できると言われています。
    RSIは以下の式により表します。
    RSI = 上昇変動の合計(n本の終値の比較で得られる上昇分のみの合計) / (上昇変動の合計(n本の終値の比較で得られる上昇分のみの合計) + 下落変動の合計(n本の終値の比較で得られる下落分のみの合計))×100
    通常nは9から30が用いられます。

  2. 上下方ライン
    RSIの異常値を判断する目安として50%の上下にそれぞれ一本づつ基準となる線を引きます。
    通常、上方ラインは75%近辺に設定して、下方ラインは25%近辺に配置します。
チャートサンプル
RSIのチャートサンプルは以下のようになります。
RSI
パラメータ
概要で示したRSIの移動平均期間nはカスタマイズできます。
9を基準にして長期トレンドの分析の場合などは値を大きくします。

上下方ラインのパーセンテージも相場の勢いなどを考慮して変更することができます。
売りサイン・買いサイン
以下に代表的な売買サインを示します。

売りサイン
概要
上方ラインを超えた範囲(売りレンジ) RSI >= 上方ライン


買いサイン
概要
下方ラインを下回った範囲(買いレンジ) RSI <= 下方ライン


RSIの場合は一般のオシレータ系指標と同様に穏やかな値動きをする相場で威力を発揮します。 強力なトレンド方向を持った相場などではサインが出てもさらに株価が上下動を続けることがよくあるので、相場のトレンドの強さを判断してから利用した方がよいでしょう。