内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

中国株ニュース 詳細

【1月31日の中国本土市場】

2019.01.31 17:07

 主要指数はまちまち。上海市場は上海総合指数が4日ぶりに反発し、前日比0.34%高の2584.57ポイント。B株指数は3日続落し、0.43%安の272.11ポイント。深セン市場は深セン成分指数が4日ぶりに反発し、0.11%高の7479.21ポイント。B株指数は3日続落し、0.001%安の856.88ポイント。両市場の売買代金は昨日に比べ約2割増加し、概算で2858億元。「滬股通」(香港経由の上海A株投資)と「深股通」(香港経由の深センA株投資)はいずれも買い越しが拡大。それぞれの買越額は55億1600万元、34億8400万元だった(注文ベース:買注文と売約定の差)。

 CFLP発表の1月の製造業PMIは2カ月連続で景況判断の節目となる50を下回ったが、12月実績と市場予想をやや上回った。これを受け、上海総合指数は小高く寄り付いた。ハイテク・イノベーション型企業向け株式市場「科創板」の創設と上場届出制の試験導入について、パブリックコメント(意見公募)の実施が発表されたことも追い風となった。金融株主導で上昇し、前場では節目の2600ポイントを超える場面もあった。しかし上値は重く、後場では下げに転じる場面もあった。上海と深セン市場はいずれも全体の7割あまりの銘柄が下落。昨日と同じく、中小型株が軟調だった。上海市場の大型株で構成される上証50指数が1.78%高だった一方、中小企業板指数は0.98%安、創業板指数は0.22%安だった。

 上海A株市場の主力セクターでは、時価総額の大きな銀行株が堅調。四大国有銀行株は中国建設銀行'A'(601939)が3.06%高、中国工商銀行'A'(601398)が1.98%高、中国銀行'A'(601988)が1.37%高、中国農業銀行'A'(601288)が1.08%高。また、「科創板」への期待から証券株も堅調。中信建投証券'A'(601066)が3.36%高、国泰君安証券'A'(601211)が2.94%高、中国銀河証券'A'(601881)が2.86%高、方正証券(601901)が2.68%高だった。

 そのほかでは、業績見通しで明暗が分かれた。減益見通しを嫌気し、益佰製薬(600594)がストップ安。増益予想だったものの持続性が疑問視され、広州白雲山医薬'A'(600332)が7.91%安。一方、大幅増益の見通しを好感し、新華人寿保険'A'(601336)が4.00%高。これに連れ高し、保険株が一転して反発。中国人寿保険'A'(601628)が3.17%高、太平洋保険'A'(601601)が3.42%高、平安保険'A'(601318)が2.82%高。また、好配当株が物色され、依頓電子(603328)が7.25%高だった。

 上海B株市場は全体の6割半の銘柄が下落。深センB株市場は6割近くの銘柄が下落した。(中国部・李)
 
ツイート

一覧へ戻る

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク
外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
外国株式取引の手数料について
外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
中国株の株価・企業情報などについて
株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。