中国株なら内藤証券

圧倒的な取扱銘柄数

中国株取扱銘柄数No.1

人民元建てA株を含め、海外から直接投資できるほぼ全銘柄を取り扱っています。

比較対象範囲は、日本国内でインターネット取引を行っている日本証券業協会の会員71社(2016年9月末調査結果)。2017年7月5日を基準日にインターネットで取引が可能な中国株銘柄数(香港・上海・深セン)を内藤証券が調査。取扱銘柄を公表していない場合、取扱市場ごと上場銘柄数の合計で計算。


取扱銘柄数3,698銘柄

売付のみ可能な銘柄を含みます。

中国株取扱一覧

お得な手数料

取引手数料
国内手数料 約定代金12万5千円以下(買付のみ最低)税抜500円
外国証券口座管理料
0円
配当に関する手数料
0円

現地手数料・為替手数料が別途かかります。

中国株手数料

厳選した中国株情報

個別銘柄情報

中国株個別銘柄情報が豊富、スマートフォンからも同様の情報がご覧いただけます。

パソコン・スマートフォン・携帯電話でリアルタイム株価情報をご覧になれます。 チャートはもちろん、銘柄関連ニュースや企業情報、配当情報、コーポレートアクションなど、投資に役立つ情報が満載です。


ニュース

現地上海事務所や当社中国部が収集した独自情報を中心に、中国株に関するニュースを配信しています。DZHフィナンシャルリサーチ社のニュースもご覧になれます。

決算・配当

決算情報や配当スケジュールなどを市場別に一覧でチェックできます。


レポート

豊富な中国株レポートをお届けします。

毎日の中国株市況や、当社アナリストが分析した中国株の現状・見通しや個別銘柄を紹介する「マンスリーレポート」など、豊富なレポートをお届けします。


参考銘柄

当社中国部が注目する銘柄をご紹介します。

オンデマンド放送

当社アナリストによる市況解説動画をオンデマンドでお届けします。


ページTOPへ

便利な投資ツール

3つの取引チャネル

パソコンだけでなく、スマートフォンや携帯からも中国株を取引できます。

パソコンだけでなく、スマートフォンや携帯からも中国株を取引できます。シンプルな取引画面で、いつでも・どこでも気軽に注文や情報収集が可能です。


スクリーニング

業種や業績、財務情報など、さまざまな条件から銘柄を探すことができます。


ランキング

値上がり率や配当利回りなど、市場別に9種類のランキングをご覧になれます。



株価通知メール

登録銘柄の株価が設定した金額に到達した時に、メールでお知らせします。また、市況情報をご希望の方には、今日の中国株本土市況や香港株市況をお届けします。

ニュースメール配信

登録した銘柄やカテゴリーに関するニュースが配信された時に、メールでお知らせします。当社中国部の独自情報に加え、DZHフィナンシャルリサーチ社のニュースもお届けします。


多機能チャート

テクニカル分析に役立つチャートや、個別銘柄と中国株指数との比較チャートがご覧になれます。

テクニカル分析に役立つチャートや、個別銘柄と中国株指数との比較チャートがご覧になれます。任意期間でのチャート表示や時系列データをダウンロードすることができます。

【テクニカルチャートの種類】
  • 一目均衡表
  • RSI
  • 出来高移動平均
  • ボリンジャーバンド
  • ストキャスティクス
  • MACD
  • ボリュームレシオ

ページTOPへ

特定・NISA口座も利用できる

特定口座

特定口座

中国株も特定口座に対応しています。日本株や投資信託の譲渡損益などとも自動的に損益通算され、面倒な確定申告の手間を軽減することができます。

源泉徴収を行う特定口座の場合、納税までお客様に代わって当社が行います。源泉徴収を行わない場合、税金の計算のみ当社が行います。

NISA

NISA口座

高配当銘柄が多い中国株もNISAやジュニアNISAで取引できます。中国株には少額から投資できる銘柄もあり、NISA枠を有効に活用できます。

安心のサポート

資格保有スタッフが対応

中国株の取引方法やルールなどでお困りの際には、証券外務員資格を有するスタッフがわかりやすくご説明します。

中国株あんしんサポート

パソコンの操作方法がご不明でもご安心ください。サポートスタッフがお客様のパソコン画面を一緒に見ながらご説明します。

こんな疑問にお答えします。
  1. 注文の出し方がわからない
  2. どうやって銘柄を選べばいいの?
  3. 中国株のルールがわからない
内藤証券中国株情報 オンデマンド放送を毎週水曜日放送

ページTOPへ

国内株取引のリスク

株価の変動、および為替の変動等(外国株式の場合)により損失が生じるおそれがあります。

国内株取引の手数料について

国内株の手数料は多岐に渡っているため、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は国内株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。

株式は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。

信用取引のリスク

信用取引は、最低50万円以上または建株の33%以上の委託保証金が必要であり、預託した保証金に対して約3倍の取引が可能です。このため、株価の変動等により、損失および預託した保証金以上の損失が生じるおそれがあります。

信用取引の手数料について

国内株の手数料は多岐に渡っているため、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は国内株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。

信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。

中国株取引のリスク

株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。

中国株取引の手数料について

中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国 株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。

中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。

投資信託のリスク

投資信託は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。

投資信託の手数料について

手数料等は投資信託により異なりますので、詳細は目論見書でご確認ください。

投資信託は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは費用一覧とリスクについてをご覧ください。