新着情報

【上場廃止のお知らせ】邵氏兄弟(00080.HK)

09.03.09

 邵氏兄弟(00080.HK)は2月2日、同社の非公開化を、実質筆頭株主の邵逸夫(ランラン・ショウ)主席が提案した件について、今後のスケジュールを明らかにした。前提条件がすべてクリアされれば、非公開化計画は2009年3月18日にも発効する。この場合、同社株の最終売買期限は2009年3月9日午後4時10分(現地時間)で、2009年3月18日の大引け後に上場廃止となる見込み。

 なお、株主総会と法廷審問が開かれるのは2009年2月27日で、同日は株式の売買を終日停止する。遅くとも2009年2月27日の午後7時(現地時間)までに株主総会と法廷審問の結果が発表され、2009年3月2日に株式の売買が再開する。

(同件につきましては、2008年12月24日付「実質筆頭株主が非公開化を提案」をご参照ください)

【出所】香港証取サイト上の公告(2009/02/02)

 邵氏兄弟(00080.HK)は2月27日、実質筆頭株主の邵逸夫(ランラン・ショウ)主席による非公開化計画について、同日に開催された裁判所会議と株主総会で可決されたと発表した。すべての要件がクリアされた場合、非公開化計画は2009年3月18日に発効し、邵氏兄弟は2009年3月18日の大引け後に上場廃止となる。

【出所】香港証取サイト上の公告(2009/02/27)

中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。