中国株ニュース 詳細

長港敦信実業、筆頭株主が保有株を担保に資金借入

2015.03.23 14:43

 長港敦信実業(02229.HK)は23日、実質筆頭株主の鄭敦木・主席が2015年2月3日に1億株に上る同社株(発行済み株数の約10.07%)を担保として差し入れ、645万米ドルを借り入れていたことを明らかにした。2014年12月本決算の発表を控え、こうした行為が禁じられていることを鄭主席は失念していたと弁明しており、同社に通知しなかったという。

 こうしたなか同社株の出来高が2015年2月の23日と24日に大きく増加した。この事態を受け、鄭主席は2015年2月26日に融資先に連絡し、担保として差し入れた同社株を売却したのかと問い合わせた。これに対し融資先は売却を否認。しかし、担保として差し入れた同社株が、第三者の手に渡ったことが中央清算・決済システムの記録で判明した。

 これについて鄭主席は、融資先がすでに同社株を売却したのではないかと疑念を抱いた。融資先が同社株を売却した場合、鄭主席の持ち株比率は当初の約56.25%から約46.18%に低下することになる。

 こうしたことから鄭主席は支配株主としての地位を確保するため、市場で1000万株を1株あたり1.0HKドルで購入。また、市場外で2952万4000株を1株あたり1.0HKドルで取得した。これら2回の買付は、鄭主席の個人名義で行った。

 これにより融資先が保有株を売却しても、鄭主席の持ち株比率は約50.16%を確保可能。しかし、こうした同社株の取得はマンダトリー・オファー(義務的公開買付)の実施義務が発生する行為だった。これについて鄭主席は、そのことを失念していたと釈明している。

 鄭主席は2015年3月2日に一連の行為を同社に連絡。また、2015年3月の3日と5日に香港証券取引所と香港証券及期貨事務監察委員会(SFC=香港証券先物管理委員会)に報告した。鄭主席は融資先と争う姿勢で、顧問弁護士の意見を聞いているという。

 鄭主席にマンダトリー・オファーを実施するための資金はなく、これについてSFCは処置を検討中。鄭主席が融資先から同社株に担保権を設定する際、2014年12月本決算などセンシティブな資料は使用しなかったと説明している。

 今回の事件は鄭主席個人の問題であり、同社の経営に影響はないと強調している。

 なお、2015年3月11日の同社株の株価上昇と出来高の増加については、上記のほかにその原因となる材料は見当たらないと説明している。

 今回の情報開示のため、同社株は2015年3月11日15時53分(日本時間)に売買停止となったが、2015年3月23日に取引を再開した。
 
【出所】香港証取サイト上の公告(2015/03/23)
【取引時間(日本時間)】
香港市場 10:30~13:00 / 14:00~17:00
中国市場 10:30~12:30 / 14:00~16:00
中国株の株価・企業情報などについて

株価とインデックスのデータは上海証券交易所(上海取引所)、深セン証券交易所(深セン取引所)、香港聯合交易所有限公司(香港取引所)、Hang Seng Indexes Company Limited、Interactive Dataから情報提供を受けています。

香港取引所、上海取引所、深セン取引所の各取引所の株価データはリアルタイムと遅延で提供されます。

遅延の株価とインデックスデータは、すべて15分遅れのデータを表示しております。
騰落率については、表示桁数以下を切り捨て計算しております。
指標、チャート、ランキング等に使用されている過去株価データは原則的に、株式分割・併合および配当落ち等に基づいて調整されております。なお、落ち日時点で正確に評価できない現物配当等の場合は、調整が行われておりません。

企業情報・企業写真は一部DZHフィナンシャルリサーチ社、トムソン・ロイター社提供によるものです。
企業情報、財務情報、配当・分割情報の一部については、ET Net News Agency, Hong Kong及び上海万得信息技術股フン有限公司(Wind資訊)提供によるものです。
Wind資訊のデータに基づく「決算ニュース」は、2017年3月2日から“業績情報”のみを記載しています(“配当情報”は記載しません)。
当該決算に配当等があれば、決算発表から数日以内に“配当情報”を記載した「配当情報ニュース」を掲載します。
また、「配当情報ニュース」に関連した「配当スケジュールニュース」は、その後に掲載します。
決算予想データは、ファクトセットが提供しています(Copyright (c) 2013 FactSet Research Systems Inc. All rights reserved.)。

財務情報などの表示項目は四捨五入される場合があります。修正前の配当情報は、「配当・分割」欄をご参照ください。

当サイトで掲載されている情報の内容については万全を期しておりますが、その内容の信頼性、正確性および完全性について弊社が保証するものではありません。情報によって生じたいかなる損害についても、内藤証券、情報提供元、取引所とそれぞれの関連会社は一切の責任を負いません。また、情報のエラー、欠損または通信の中断や遅延が生ずる場合があります。

情報には、執筆時における筆者の見解・予測が含まれることもあり、内容は今後予告なく変更されることもあります。

当サイトに掲載されている情報は、情報の提供を目的としたものであり、証券投資の勧誘を目的としたものではありません。最終的な投資判断は、政治、経済、為替等のリスクを十分にご理解いただき、ご自身でなさるようにお願いします。

情報の著作権は原則として弊社もしくは情報元に帰属し、蓄積・編集加工・二次利用(第三者への提供等)を禁じます。

また、「DZH」と明記されたニュースにおいては、DZHフィナンシャルリサーチ(以下「DZH」)が、信頼できると判断した情報源を基に作成したものです。内藤証券が情報の正確性や完全性について保証するものではなく、内藤証券は一切責任を負いません。著作権はDZHに属し、事前の許可なく複製・引用等を行うことはできません。


【中国株の配当情報について】
中国株の配当に関する利益処分案は、最初の段階では取締役会の決議をもとに発表されます。ここで明らかとなる配当は、あくまでも予定なのでご注意ください。
明らかとなった利益処分案は、その後に開かれる株主総会で承認され、はじめて配当が確定します。B株に関しては、さらに一定時間を経て、権利落ち日などが明らかとなります。
ただ、決算書で利益処分案が明らかにされた後、重大事態が発生した場合、取締役会により株主総会に提出される利益処分案が変更されることもありますので、ご注意ください。利益処分案が変更された場合、取締役会は情報を適時開示することとなっております。 また、権利落ち日などの情報は、その後に当該企業が訂正する可能性もありますので、お気をつけください。
配当としてワラントなどを付与する企業もまれにあります。それらの行使は有償増資となりますので、わが国の規定などにより、日本の株主は原則取得できません。現地証券会社が売却できた時のみ、現金を受け取ることができます。ただ、売却価格は通常僅少であるうえ、売却できない場合も多く、何も受け取れないケースもあります。そのため、配当に関する情報にも記載しません。


【売買単位・取引単位の表示について】
上海B株、深センB株の売買単位・取引単位は買付時の単位であり、売付時は1株以上1株単位となります。

【B・H株/A株価比較(格差)について】
B・H株/A株価比較(格差)はB・H株とA株の株価を単純に比較したものです。B・H株とA株では権利の内容や権利落ちのスケジュール等が異なる場合があり、この場合においては実質のものより拡大(縮小)する場合がありますのでご注意ください。
中国株取引のリスク
株価や為替の変動等により損失が生じるおそれがあります。
中国株取引の手数料について
中国株の手数料は、国内手数料、現地手数料、為替手数料と3種類の手数料があり、このスペースに表示するのが難しいため、詳細は中国株の「手数料とリスクについて」でご確認ください。
中国株は、クーリング・オフの対象にはなりません。
詳しくは手数料とリスクについてをご覧ください。