内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

最新情報

過去のニュース 2024

24.04.10安定操作実施のお知らせ[2984] ヤマイチ・ユニハイムエステート(株)
24.04.08【上場廃止】メルディアDC(1739)
24.03.29【上場廃止】東邦金属(5781)
24.03.27【上場廃止】T&K TOKA(4636)
24.03.27【上場廃止】インヴァスト(7338)
24.03.27【2291 福留ハム】令和6年3月27日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.03.22【上場廃止】アルデプロ(8925)
24.03.19【上場廃止】オーエス(9637)
24.03.18【上場廃止】大正製薬ホールディングス(4581)
24.03.15【上場廃止】東京楽天地(8842)
24.03.14【7524 マルシェ】令和6年3月14日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.03.14【上場廃止】MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信 受益証券(1492)
24.03.07【上場廃止】IJTT(7315)
24.03.06【上場廃止】北弘電社(1734)
24.03.05【上場廃止】シミックホールディングス(2309)
24.03.04【上場廃止】サンウッド(8903)
24.02.29【上場廃止】シダックス(4837)
24.02.28【上場廃止】不二硝子(5212)
24.02.27【3063 ジェイグループホールディングス】令和6年2月27日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.02.27【7512 イオン北海道】令和6年2月27日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.02.27【4343 イオンファンタジー】令和6年2月27日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.02.27【3479 ティーケーピー】令和6年2月27日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.02.27安定操作実施のお知らせ[9708] 帝国ホテル株式
24.02.26【3667 enish】令和6年2月26日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.02.22【上場廃止】ジャパンベストレスキューシステム(2453)
24.02.20【上場廃止】日住サービス(8854)
24.02.20【上場廃止】寺岡製作所(4987)
24.02.19【上場廃止】SERIOホールディングス(6567)
24.01.29【6654 不二電機工業】令和6年1月29日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.01.29安定操作実施のお知らせ[7130] ヤマエグループホールディングス
24.01.22【上場廃止】システム情報(3677)
24.01.18【上場廃止】大泉製作所(6618)
24.01.15【3905 データセクション】令和6年1月15日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
24.01.12【上場廃止】TAKISAWA(6121)
24.01.12【上場廃止】国際のETF VIX短期先物指数 受益証券(1552)
24.01.11【上場廃止】富士ソフトサービスビューロ(6188)
24.01.11【上場廃止】ヴィンクス(3784)
24.01.11【上場廃止】サイバーコム(3852)
24.01.11【上場廃止】サイバネットシステム(4312)
24.01.10【上場廃止】ビジョナリーホールディングス(9263)
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係るリスク
株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や、ETFと異なり裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景に発行される証券であることからその発行体の倒産や財務状況の悪化、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
1.ETNは価格が特定の指標に連動することを保証する債券(指数連動債)であり、償還期日を迎えると償還されます。また、指標の急落等、一定の条件を満たすことにより早期償還される場合があります。
2.ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)の手数料について
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
信用取引のリスク
信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
信用取引の手数料について
信用取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。