内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

国内株レポート

2024/04/15 ウィークリーレポート(4/15号)今週のトピックス「S&P500種指数、1-3月期はAI関連株がけん引し上昇」
2024/04/08 ウィークリーレポート(4/8号)今週のトピックス「3月中国PMIは景況感改善を示す、今後も景気対策は必要」
2024/04/01 ウィークリーレポート(4/1号)今週のトピックス「1-3月期の東証業種別株価指数は32業種が上昇」
2024/03/25 ウィークリーレポート(3/25号)今週のトピックス「S&P500指数、過去の利下げ局面で4回上昇、2回下落」
2024/03/18 ウィークリーレポート(3/18号)今週のトピックス「1-2月の中国貿易統計は輸出入とも改善」
2024/03/11 ウィークリーレポート(3/11号)今週のトピックス「国内の株価指数は年初から上昇も、一部大型株に集中」
2024/03/04 ウィークリーレポート(3/4号)今週のトピックス「23年4Qの米国株決算、売上高はヘルスケア、EPSは情報技術が堅調」
2024/02/26 ウィークリーレポート(2/26号)今週のトピックス「24年の中国本土の春節連休商戦はポジティブな結果に」
2024/02/19 ウィークリーレポート(2/19号)今週のトピックス「東証プライム市場の24.3期3Q累計当期利益は前年同期比16%増」
2024/02/13 ウィークリーレポート(2/13号)今週のトピックス「米大統領選挙の年のアノマリー、年末はプラスが多い傾向」
2024/02/05 ウィークリーレポート(2/5号)今週のトピックス「23年の中国工業企業利益は小幅減も、下期以降は回復基調」
2024/01/29 ウィークリーレポート(1/29号)今週のトピックス「資本コスト・株価を意識した経営への開示推進でPBRが改善」
2024/01/22 ウィークリーレポート(1/22号)今週のトピックス「 世界最大級の先端テクノロジー見本市「CES2024」開催」
2024/01/15 ウィークリーレポート(1/15号)今週のトピックス「中国のスマホ関連産業、国内外の需要回復が追い風に」
2024/01/09 ウィークリーレポート(1/9号)今週のトピックス「10-12月の東証業種別株価指数は海運や精密機器が上昇」
2023/12/25 ウィークリーレポート(12/25合併号)今週のトピックス「少し早めに訪れたサンタクロース、今年のラリーの行方は」
2023/12/18 ウィークリーレポート(12/18号)今週のトピックス「中国の太陽電池・風力発電設備、更なる輸出拡大に期待」
2023/12/11 ウィークリーレポート(12/11号)今週のトピックス「COP28会場のJAPAN PAVILION出展企業」
2023/12/04 ウィークリーレポート(12/4号)今週のトピックス「23年3Qの米国株決算、売上高は鈍化、EPSは上昇傾向」
2023/11/27 ウィークリーレポート(11/27号)今週のトピックス「世界有数の中国宝飾品市場、23年は回復基調」

マーケットレポートへ戻る

国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係るリスク
株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や、ETFと異なり裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景に発行される証券であることからその発行体の倒産や財務状況の悪化、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
1.ETNは価格が特定の指標に連動することを保証する債券(指数連動債)であり、償還期日を迎えると償還されます。また、指標の急落等、一定の条件を満たすことにより早期償還される場合があります。
2.ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)の手数料について
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
信用取引のリスク
信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
信用取引の手数料について
信用取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。