内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

国内株レポート

2021/09/21 ウィークリーレポート(9/21号)原油価格上昇の背景に米国の在庫減少
2021/09/13 ウィークリーレポート(9/13号)今週のトピックス「S&P500指数の年初来騰落率、全セクタープラスに」
2021/09/06 ウィークリーレポート(9/6号)今週のトピックス「A株市場は連日の大商い、証券大手に追い風」
2021/08/30 ウィークリーレポート(8/30号)今週のトピックス「ばら積み船用船料の上昇」
2021/08/23 ウィークリーレポート(8/23号)今週のトピックス「米国株決算発表結果(S&P500指数構成銘柄)」
2021/08/16 ウィークリーレポート(8/16号)今週のトピックス「中国の工業企業利益は今上期で67%増加」
2021/08/10 ウィークリーレポート(8/10号)今週のトピックス「東南アジアの新型コロナ感染拡大」
2021/08/02 ウィークリーレポート(8/2号)今週のトピックス「グロース株とバリュー株の動向」
2021/07/26 ウィークリーレポート(7/26号)今週のトピックス「最新の中国GDP、景気対策期待が強まる」
2021/07/19 ウィークリーレポート(7/19号)今週のトピックス「原油価格が上昇傾向」
2021/07/12 ウィークリーレポート(7/12号)今週のトピックス「8年間で1.2兆ドル規模の米インフラ投資案」
2021/07/05 ウィークリーレポート(7/5号)今週のトピックス「中国のEC特売日「6.18」、中国ブランドが躍進」
2021/06/28 ウィークリーレポート(6/28号)今週のトピックス「海上運賃の上昇基調が続く」
2021/06/21 ウィークリーレポート(6/21号)今週のトピックス「再び増加傾向の米国MMF残高」
2021/06/14 ウィークリーレポート(6/14号)今週のトピックス「米アップル社の調達先数で中国企業が首位に」
2021/06/07 ウィークリーレポート(6/7号)今週のトピックス「グリーン成長戦略関連への注目」
2021/05/31 ウィークリーレポート(5/31号)今週のトピックス「米企業の自社株買い、3四半期連続の回復」
2021/05/24 ウィークリーレポート(5/24号)今週のトピックス「中国の企業業績は今後も拡大基調継続へ」
2021/05/17 ウィークリーレポート(5/17号)今週のトピックス「食用植物油高で製品値上げが相次ぐ」
2021/05/10 ウィークリーレポート(5/10号)今週のトピックス「米国株決算発表結果(S&P500指数構成銘柄)」

マーケットレポートへ戻る

国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係るリスク
株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や、ETFと異なり裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景に発行される証券であることからその発行体の倒産や財務状況の悪化、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
1.ETNは価格が特定の指標に連動することを保証する債券(指数連動債)であり、償還期日を迎えると償還されます。また、指標の急落等、一定の条件を満たすことにより早期償還される場合があります。
2.ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)の手数料について
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
信用取引のリスク
信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
信用取引の手数料について
信用取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。