内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

最新情報

過去のニュース 2022

22.05.24【2632 MAXISナスダック100上場投信(為替ヘッジあり)】令和4年5月24日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.05.06【1677 上場インデックスF海外債券(FTSE WGBI)毎月分配型】令和4年5月6日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.05.06【1566 上場インデックスF新興国債券】令和4年5月6日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.05.02【3681 ブイキューブ】令和4年5月2日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.04.26【2910 ロック・フィールド】令和4年4月26日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.04.19【6659 メディアリンクス】令和4年4月19日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.04.18【1495 上場インデックスファンド アジアリート】令和4年4月18日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.04.11安定操作実施のお知らせ[6779] 日本電波工業株式
22.04.05【4475 HENNGE】令和4年4月5日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.03.31【4170 Kaizen Platform】令和4年3月31日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.03.29【9760 進学会HD】令和4年3月29日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.03.29【7678 あさくま】令和4年3月29日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.03.29【6850 チノー】令和4年3月29日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.03.24【8139 ナガホリ】令和4年3月24日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.03.22【1890 東洋建設】令和4年3月22日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.03.17安定操作実施のお知らせ[2980] SREホールディングス株式
22.03.10【注意喚起】「NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信」の売買停止等に関するお知らせについて
22.02.24【8278 フジ】令和4年2月24日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.02.24【8166 タカキュー】令和4年2月24日「規制情報」後場立会開始時からの規制について
22.01.26安定操作実施のお知らせ[8097] 三愛石油
22.01.19安定操作実施のお知らせ[6564] ミダックホールディングス
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係るリスク
株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や、ETFと異なり裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景に発行される証券であることからその発行体の倒産や財務状況の悪化、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
1.ETNは価格が特定の指標に連動することを保証する債券(指数連動債)であり、償還期日を迎えると償還されます。また、指標の急落等、一定の条件を満たすことにより早期償還される場合があります。
2.ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)の手数料について
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
信用取引のリスク
信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
信用取引の手数料について
信用取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。