内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

国内株レポート

2024/05/20 モーニングアイ(5/20)材料に乏しい中、17日のNYダウは終値ベースで史上初の4万ドル台乗せ
2024/05/17 モーニングアイ(5/17)16日の米主要株価指数は、利益確定の売りやFRB高官の発言を受け小幅反落。
2024/05/16 モーニングアイ(5/16)15日の米主要株価指数は4月CPI伸び鈍化を受け、3指数揃って最高値更新
2024/05/15 モーニングアイ(5/15)4月CPI鈍化の思惑などから長期金利が低下して米国株は上昇。
2024/05/14 モーニングアイ(5/14)13日の米主要株価指数は、期待インフレ率の上昇が重石となった。
2024/05/13 モーニングアイ(5/13)10日の米主要株価指数は、利下げ期待の後退などが相場の重石となった。
2024/05/10 モーニングアイ(5/10)9日の米主要株価指数は、FRBが利下げに動くとの観測により上昇。
2024/05/09 モーニングアイ(5/9)材料が乏しい中、NYダウは続伸、ナスダックとS&P500は債券利回り上昇が重しに
2024/05/08 モーニングアイ(5/8)利上げ懸念が再燃して米国株市場は弱含みの展開
2024/05/07 モーニングアイ(5/7)6日の米主要株価指数は、利下げ期待等により続伸。
2024/05/02 モーニングアイ(5/2)FOMCを受け上昇するも半導体関連株の下げが重しに
2024/05/01 モーニングアイ(5/1)根強い賃金インフレの一方でスタグフレーションも懸念され、米国市場は反落
2024/04/30 モーニングアイ(4/30)29日の米主要株価指数は、長期金利低下などにより続伸。
2024/04/26 モーニングアイ(4/26)25日の米主要株価指数は、インフレ指標とメタの決算不調により下落。
2024/04/25 モーニングアイ(4/25)22日の米主要株価指数は、国債利回り上昇に加えGDP発表を明日に控えまちまち
2024/04/24 モーニングアイ(4/24)経済指標が予想外に悪化、インフレ懸念が後退して米国株は上昇
2024/04/23 モーニングアイ(4/23)22日の米主要株価指数は、中東情勢への警戒感後退により上昇
2024/04/22 モーニングアイ(4/22)19日の米株市場は、高悪材料が混じりまちまちの展開。
2024/04/19 モーニングアイ(4/19)18日の米株市場は、ディフェンシブ株の物色が見られた一方、FRB高官の発言が重石に。
2024/04/18 モーニングアイ(4/18)17日の米主要株価指数は、企業決算を受けた半導体関連株売りなどにより下落

マーケットレポートへ戻る

国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係るリスク
株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や、ETFと異なり裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景に発行される証券であることからその発行体の倒産や財務状況の悪化、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
1.ETNは価格が特定の指標に連動することを保証する債券(指数連動債)であり、償還期日を迎えると償還されます。また、指標の急落等、一定の条件を満たすことにより早期償還される場合があります。
2.ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。
国内株式・国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)の手数料について
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
国内株式 国内ETF・ETN・REIT・上場新株予約権証券(ライツ)に係る取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。
信用取引のリスク
信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
信用取引の手数料について
信用取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。