内藤証券

マーケット情報

お取扱商品のマーケット情報をご覧いただけます。

お客様サポート

取引方法やよくあるご質問等をまとめています。お探しの情報が見つからない場合は、お電話でお取引店へお問い合わせください。

米国株

注文方法

新規注文

委託取引のみ取り扱います。取扱銘柄は、取引画面でご確認ください。

買い注文の入力方法 売り注文の入力方法

委託取引とは

  1. お客様のご注文を米国市場へ取り次ぐ取引です。
  2. 米国市場の取引時間は日本時間の夜間となります。
  3. 値動きによっては取引が成立しないことがあります。
  4. 手数料は国内手数料に加え、現地手数料等が別途必要です。
  5. 注文入力日の翌営業日が約定日となり、約定日から起算して3営業日目が受渡日となります。

米国籍・米国居住者及びグリーンカード保有者の方は、米国株取引はできません。

口座区分

特定一般NISAをご選択ください。(買い注文のみ)

特定口座 NISA口座

特定口座やNISA口座を開設していない場合は、選択できません。またNISAは、NISA枠を超える注文は発注できません。

同一銘柄を複数の口座区分に分かれて保有されている場合、売り注文は口座ごとに分けてご発注ください。

注文数量

買い注文 30万円(円換算の約定金額)以上1株単位
売り注文 1株単位

直近株価を大きく上回る指値の買い注文があった場合は、当社の基準により取引を制限させていただく場合がありますのでご注意ください。

注文単価(指値)

0.01USドル刻みで値段をご指定ください。

小数点以下は第2位まで入力できます(第3位以下を入力された場合、エラーとなります)。

成行注文はできません。

米国株式市場には、値幅制限はありません。

注文期限

当日注文のみ受け付けます。

ご注意
・注文時の為替レートは、注文日の前営業日に確定した為替を適用します。買い注文の場合、買付後に不足金が発生することを防ぐため、為替レートを通常より円安に設定し余力を多めに拘束します。
円安に設定した為替レートよりも、さらに円安に変動すると、拘束された余力以上の資金が必要となり、不足金が発生する場合があります。不足金は、ご入金をお願いいたします。
・終値が取引画面の米国株評価額(評価単価・概算評価額・概算評価損益)に反映するのは、現地市場終了後、8:10頃になります。また、概算評価額・概算評価損益の計算に使用する為替レートは、毎営業日10:30頃に更新されます。

注文訂正

注文を訂正することはできません。一旦注文を取り消して、再度発注してください。

注文取消

注文受付時間内に、当日発注した注文の取り消しが可能です。

[取引]→[米国株式]→[注文訂正・取消]より、該当注文の「取消」ボタンを押してください。

取消の入力方法

注文照会

注文の内容は、[取引]→[米国株式]→[注文照会]でご確認ください。

なお、約定の結果は注文日の翌営業日(約定日)の10:30頃に画面に反映します。

注文時の注意事項

約定日・受渡日

注文発注日の翌営業日が約定日、約定日から起算して3営業日目が受渡日となります。

決済通貨

買い注文 外貨
買い注文はすべて外貨決済となります。外貨預り金が優先的に買付代金に充当され、不足分の外貨は円貨預り金から充当されます。外貨預り金がない場合でも、注文の形態は外貨決済となり、その場合は買付代金全額が円貨から外貨に自動的に振り替えられます。
売り注文 円貨または外貨

米国株は為替ネッティングの対象外です。

為替

注文発注時 買い注文
(外貨預り金が不足する場合)
前営業日に決定した為替レート(拘束為替)を適用します。
買付後に不足金が発生することを防ぐため、為替レートを通常より円安に設定し余力を多めに拘束します。
円安に設定した為替レートよりも、さらに円安に変動すると、拘束された余力以上の資金が必要となり、不足金が発生する場合があります。不足金は、ご入金をお願いいたします。
売り注文(円貨決済の場合) 前営業日に決定した為替レートを適用します。
約定時 注文発注日の翌営業日(約定日)の10:30頃に決定する当社の基準為替レート(内藤為替レート)を適用します。

情報の更新タイミング

取引画面の米国株に関する情報は、以下の時刻に更新されます。

項目名 更新時刻 備考
米国株価 7:45頃  
評価単価 8:10頃 8:10以前に売却注文を発注される場合、評価単価が更新されていないことにご注意ください。
概算評価額 【評価単価の更新】8:10頃
【為替レートの更新】10:30頃
概算評価損益
処理状況(約定連絡) 注文日の翌営業日(約定日)の10:30頃

米国株の株価表示について

取引画面で表示されている米国株の株価は、主市場(ニューヨーク証券取引所、ナスダック)だけでなく、全上場市場の取引状況を反映した「コンポジット表示」となっています。 当社の米国株委託取引では、原則として主市場に注文を出すため、コンポジットで表示された安値より高い指値での買い注文、あるいは高値より低い指値での売り注文でも約定が成立していない場合があります。また、始値で約定が成立した場合でも、コンポジットで表示された価格と約定価格が異なることがありますのでご注意ください。

ナスダック市場の取引について

ナスダックはマーケットメーカーを務める証券会社による相対取引です。寄り付き・引けの概念はありません。同値の指値注文や、安値より高い指値での買い注文、あるいは高値より低い指値での売り注文でも約定が成立していない場合があります。

買い注文の指値について

直近株価を大きく上回る指値の買い注文があった場合は、当社の基準により取引を制限させていただく場合がありますのでご注意ください。

一口注文の取り扱い

同一のお客様が同日に買い(売り)約定した同一銘柄は、一口注文として扱います。

米国籍のお客様に関する取引制限

米国籍・米国居住者(※)及びグリーンカード保有者の方は、米国株取引はできません。

米国居住者には、183日以上米国に滞在されている方が含まれます。また、前2年の間に米国に滞在されていた方は、前年滞在日数の1/3、前々年の滞在日数の1/6に相当する日数も183日の算出に加えられます。