中国株の資産・損益表示

お預り中国株の損益表示について

トレード画面内の中国株取引>保有中国株一覧、売付注文画面でお預りしている中国株の損益や資産状況が確認できます。

なお、特定口座のお預り株は全て自動で計算されますが、一般口座の残高については一部、取得時の金額を入力していただく必要がございます。

特定口座残高の場合 一般口座残高の場合

資産評価・損益表示のご注意事項

  1. 評価および株価の更新は1日1回、18:10頃の更新となります。
  2. 概算評価額は、「保有中国株一覧」に表示されている直近株価×株数×弊社売付レートで計算されています。
  3. 弊社売付レートは、弊社営業日の11:00頃更新されます。
  4. 概算評価損益は、「概算簿価金額-概算評価額」で計算されております。また、売付時の手数料は考慮されておりません。
  5. 株式分割や株式配当等があった場合の評価損益は分割株等の入庫後に正しい値となります。分割権利落ちから入庫までの間は、通常評価損が拡大(評価益の減少)することになりますのでご注意ください。
  6. 他社から移管入庫された場合(一般口座の場合)についても正しく概算評価損益を表示することができませんので、簿価金額(取得に要した金額)を修正してください。

特定口座残高の場合

保有中国株式一覧画面に直近株価、概算評価額、概算評価損益が表示されます。円での損益が一目で確認でき、簡単に保有株の状況が確認できます。

お預りの中国株が特定口座の場合は、概算簿価単価は「簿価金額÷保有株数」で自動で計算されます。概算簿価単価をクリックすると、特定口座での簿価金額等が表示されます。

保有中国株式一覧画面

特定口座残高を一部売却されると、残りの残高の取得単価は「単価方式」(特定口座の取得単価を切上げて計算する方法)により計算され、概算簿価単価の少数点以下が切上げております。

一般口座残高の場合

一般口座残高の場合、当初システムリリース時(2008年2月23日)以前の残高については、お客様に取得金額を入力していただく必要があります。
取得金額を入力されていない状態では、概算簿価単価欄が「-円」表示となり損益表示が行われません。「-円」をクリックし概算簿価金額変更画面より買付代金を入力することで損益表示が行われるようになります。

また、2008年2月23日以降に、今まで保有していなかった銘柄を買い付けた場合や、概算簿価金額変更画面より買付代金を入力された銘柄を買い増しした場合は、自動で計算が行われるようになります。

概算簿価単価の入力(変更)方法

概算簿価単価欄の「-円」表示をクリックします。
概算簿価単価欄
「一般口座概算簿価金額(変更)-入力-」画面が表示されますので、買付時の金額を円で入力し「確認画面へ」をクリックしてください。
一般口座概算簿価金額変更(参考値)-入力
確認画面が表示されますので、「登録」をクリックすると概算簿価単価が計算され入力が完了します。
一般口座概算簿価金額変更(参考値)-確認
入力が完了すると「概算評価損益」が表示されます。
概算評価損益