注文時の注意事項

日計り(ひばかり)取引

日計り取引とは、通常買付けた当日に売却することを指します「同一資金」「同一銘柄」の取引ができるのは現物取引の場合、1日1回転のみです。「同一資金」「同一銘柄」の1日1回転を超える現物取引は、金融商品取引法の差金決済取引の禁止に該当するため、お取引いただけません。

『買い』から始める場合

取引の流れ

(1)買い注文を受付けできない場合
(預り金 100万円の場合)

A銘柄買い 100万円 ・・・・・・ 可

A銘柄売り 110万円 ・・・・・・ 可

A銘柄買い 100万円 ・・・・・・ 不可

(2)買い注文を発注できる場合
(預り金 200万円の場合)

A銘柄買い 100万円 ・・・・・・ 可

A銘柄売り 110万円 ・・・・・・ 可

A銘柄買い 100万円 ・・・・・・ 可


(1)の場合は、2回目のA銘柄の買い注文は差金決済取引となるので売却代金は買付代金として充当できません。

(2)の場合は、預り金が200万円あるので、2回目のA銘柄の買付代金に充当でき、差金決済とならないため買い注文ができます。

『売り』から始める場合

取引の流れ

買い注文を発注できる場合 (A銘柄を1,000株保有している場合)


A銘柄1,000株売り 110万円 ………… 可

A銘柄1,000株買い 100万円…………可

A銘柄1,000株売り …………………… 不可

『売→買』のみの場合には、売却代金を買付代金に充当することができますが、2回目の売りを行うと、差金決済に該当するため、売却代金を買付代金に充当することができなくなり、別途買付代金が必要となります。よって、2回目の売り注文はお受けできません。(東証の差金決済取引関係に関するケーススタディより)

差金決済取引とは?

現物取引のうち買付代金または売付有価証券の提供により決済を行わずに、売買価格差に相当する金銭の授受により決済を行うことです。

金融商品取引法第百六十一条の二に規定する取引およびその保証金に関する内閣府令により禁止されています。

注文の有効期限

国内株の注文では、注文の有効期限を「当日限り」「週末まで」から選択することができます。

当日限り

平日15:00 までに入力した注文は当日まで。16:00以降に入力した注文は翌営業日15:00まで有効です。

16:00以降に入力した注文で翌営業日に注文が成立しなかった場合、自動的に取り消されます。

週末まで

原則週末営業日まで有効な注文です。

値幅制限をオーバーした場合など、週末以前に注文が無効となることがあります。

週の途中に配当落や新株落、その他権利落ち等の権利落ちが発生する場合は、有効期限が権利落ちの前営業日までに短縮されます。
注文有効期限短縮について
なお、注文期限が短縮されない場合でも、週末までの注文受付後に権利落ちなどが発生することとなった場合は、権利落ちの前営業日の取引終了後に注文が無効となります。

注文の有効期限内でも指値が値幅制限を超えた場合は、注文の翌日繰越処理は行ないません。

「週末まで」として入力した注文を「当日限り」への訂正はできません。また「当日限り」の注文を「週末まで」への訂正もできません。

エラーとなった注文は破棄されます。エラー要因が解消しても復活しません。

成行注文時の余力拘束

国内株の成行注文を発注する場合は、ストップ高までの余力がないと発注ができません。

注文が成立した場合は、余力は正しく修正されます。

対象となる注文は以下の通りです。

  1. 株式買付注文
  2. 信用新規買建注文
  3. 信用新規売建注文

出来ず引成、寄付成行、引け成行注文も同様です。

1回で注文できる上限

1回で注文できる上限は、概算約定代金が1億円までです。

概算約定代金が1億円を超える場合は、お手数ですが複数回に分けて発注してください。

対象となる取引は「現物の売買、信用の新規建」となります。

注文時のエラー

取引画面で注文が受け付けられても、市場などへ実際に注文するときにエラーとなることがあります。

市場への注文処理は、毎朝7:50頃から行ないます。8:30頃に注文処理が完了しますので、取引画面にログインをし、注文状況を再度確認してください。

  1. 取引時間終了後の発注
    取引画面では、注文の受付を15:00に締め切ります。それまでは注文入力が可能です。
    発注されたデータが実際に、内藤証券の発注システムを経由して取引所システムに到達するにはタイムラグがあります。このため、取引画面上で受け付けられた注文が取引終了時間に間に合わず、エラーとなる場合があります。
    エラーとなった操作は受け付けられていません。
    「有効期限が週末までの注文」の取消がエラーとなった場合、 取消操作が無効ですので、もとの注文は繰り越されます。再度取消操作を行ってください。
  2. 権利落ち日の注文
    権利落ち日は指値の値幅制限チェックを行ないません。このため取引画面上で一旦受け付けられた注文が、値幅制限を超える場合には市場のシステムでエラーとなります。

注文訂正・取消

訂正できる項目

  1. 指値訂正・株数訂正
    訂正を行うことができるのは、指値訂正(指値から成行への訂正を含む)と株数訂正です。
    株数訂正は減数のみ可能です。株数をふやす場合は、追加で注文を行ってください。

訂正できない項目

  1. 訂正
    1. 注文期限の訂正
      (「当日限り注文 → 週末まで注文」または「週末まで注文 → 当日限り注文」)はできません。
      注文期限を訂正する場合は、一旦注文を取消し新規注文として発注してください。
    2. 取引種類の訂正
      (現物→信用、信用→現物、信用新規建→返済、返済→信用新規建、売・買など)
    3. 発注市場の訂正
    4. 口座区分(特定・一般)の訂正
    5. 執行条件の訂正
  2. 訂正・取消ができない時間帯
7:45~8:15頃 夜間に入力された注文を市場に発注する処理を行ないます。注文処理が完了するまで訂正・取消ができない場合があります。
11:30~12:10 市場が注文データの受付を休止しているため、注文の取消・訂正ができない場合があります。
15:00~16:00 当日注文と翌日注文の区別をするため、注文・訂正・取消を行うことができません。

不足金発生

不足金が発生した場合、受渡日までに入金してください。受渡日までに入金がない場合は、お客様に通知することなく受渡日の翌営業日以降にお客様の勘定(計算)で預り資産の処分を行い不足金に充当します。

処分する銘柄、数量、価格などは、内藤証券の任意とし、また、処分の結果、不足金が充足できない場合は、お客様のご負担になります。

外国人保有制限銘柄

法律上、外国人等が株式を保有する割合に対して一定の制限を設けて、株主としての権利を制限するものです。航空法、電波法、放送法、NTT法にて、具体的な制限方法や内容が定められています。 外国人等が保有する割合が配当金や株主総会の議決権行使等の基準日に外国人枠を超過した場合、株主名簿に外国人等の記録が制限されることがあります。

外国人保有制限銘柄は下記のとおりです。

  1. 4676 株式会社フジ・メディア・ホールディングス
  2. 4825 株式会社ウェザーニューズ
  3. 4839 株式会社WOWOW
  4. 9201 日本航空株式会社
  5. 9202 ANAホールディングス株式会社
  6. 9206 株式会社スターフライヤー
  7. 9401 株式会社東京放送ホールディングス
  8. 9402 中部日本放送株式会社
  9. 9404 日本テレビホールディングス株式会社
  10. 9405 朝日放送株式会社
  11. 9407 株式会社RKB毎日ホールディングス
  12. 9408 株式会社新潟放送
  13. 9409 株式会社テレビ朝日ホールディングス
  14. 9413 株式会社テレビ東京ホールディングス
  15. 9414 日本BS放送株式会社
  16. 9432 日本電信電話株式会社

平成28年8月23日現在